札幌での求人情報調査結果【毎月更新】

 

看護のお仕事詳細

 

分析詳細

看護のお仕事は私が必ず転職相談に来た人へ紹介している、求人数の多さが魅力の優良な転職支援サービスの一つ。

 

転職が上手くいくかどうかは、どれだけ多くの求人を集めることができたかによって決まってきますから看護のお仕事はとてもオススメできるサービスです。

 

その点、看護のお仕事は効果的に情報を集める事ができます。

 

転職活動を効率的に進めたいなら、まずはこのサービスに登録してたくさんの情報を集めることから始めてみることをお勧めします。

 

札幌の地域別求人数

※求人数は調査時点と相違がある可能性がありますので、かならず情報を確認するようにしてください。

 

札幌市1973札幌市中央区483札幌市北区262
札幌市東区216札幌市白石区165札幌市豊平区186
札幌市南区117札幌市西区209札幌市厚別区127

 

看護のお仕事公式へ

 

 

 

 

マイナビ看護師詳細

 

分析詳細

私が看護のお仕事と合わせてオススメしている転職支援サービスがこのマイナビ看護師です。看護のお仕事とは少し違うタイプの求人が集まるのが魅力。

 

企業や管理職ポストなどの求人情報が他のサイトよりも見つかり易く、比較的容易にコンサルタント経由で提案してもらうこともできるサイトです。

 

また、転職の基礎的な情報もたくさん提供されていますので、上手に活用しながら進めていくこともオススメしています。

 

札幌の地域別求人数

※求人数は調査時点と相違がある可能性がありますので、かならず情報を確認するようにしてください。

札幌市255札幌市中央区54札幌市北区19
札幌市東区38札幌市白石区25札幌市豊平区18
札幌市南区20札幌市西区27札幌市厚別区16

 

マイナビ看護師の公式へ

 

 

 

ナースパワーの詳細

 

分析詳細

求人数で言うと決して多いほうではありませんが、歴史のあるサービスなので一つ一つの求人の情報の質が濃さが売りといえます。
また、病院系の求人に強い傾向がありますから、病院を軸に転職活動をスタートしようと考えている人にはぴったりのサービスだと言えます。

 

求人の傾向は首都圏の情報に強いナースパワーですが、強いネットワークがありますから、提案してもらうことも可能です。
内部情報や条件交渉なども積極的に進めてくれる強さがあるので、条件があうナースさんは是非活用してみてはいかがでしょう。

 

札幌の地域別求人数

※求人数は調査時点と相違がある可能性がありますので、かならず情報を確認するようにしてください。

札幌市368札幌市中央区74札幌市北区30
札幌市東区49札幌市白石区41札幌市豊平区26
札幌市南区26札幌市西区45札幌市厚別区32

 

 

ナースパワーの公式へ

 

 

 

元ナース専門転職コンサルが紹介する成功するためのポイント

転職が成功するコツ

 

看護師の転職環境は圧倒的に売り手有利と言われています。
ここ数年では病院系に加えて介護や一般企業なども看護師を求めていますから、この傾向はしばらく続きそうです。

 

看護師の求人は世の中に沢山ありますが、それでも転職に失敗するケースは多々あります。
多くの場合は転職後にミスマッチで退職をするパターンです。
こういったミスマッチが起こる原因の一つは、さきほどの看護師有利な転職環境にあります。

 

あまり難しく考えることなく、なんとなく勧められたり、なんとなく見つけた募集広告に応募して採用されてしまうからです。

 

そういった思考で採用されても、モチベーションが低い状態ですからうまくいきませんし、
多くの場合は次の環境がたくさんある人を知っているので我慢することなく退職を選択します。

 

自分の履歴書がどんどん汚れてしまって、もう履歴書が汚れてしまったら本当に行きたいところへ就職できなくってしまいます。

 

こうならないためにも、遠回りでもまずは自分とじっくり向き合って自己分析をすることが非常に重要なのです。
私が常々、転職相談にきている看護師さんにお伝えしているのはこの自己分析を丁寧に進めていくという重要性です。

 

実際にやるとして、それほど難しいことはありません。

 

単純に自分が転職したいなって思った理由を探っていけばいいのです。

 

たとえば、なかなか休みが取れなくて家族と過ごせないのがつらいから転職をするのか、事務作業ばかりで患者さんのケアができないことがストレスで転職をするのか。

 

理由によってどういった求人が自分にあっているかも異なってきます。

 

そのため、手間でもまずは自分が転職をする理由とそれを達成するためにはどういった働きかたが理想なのかを具体的にしていきましょう。

 

 

 

もしどういったサイトを使えばいいか決めかねていたら

全国規模で求人集まるので情報集めにぴったりの看護のお仕事

看護のお仕事の分析画像

 

看護のお仕事公式サイトへ

 

 

マイナビグループが運営するマイナビ看護師は病院以外の企業系などの情報集まりやすい

マイナビ看護師の分析画面

 

マイナビ看護師公式サイトへ

転職に踏み切るからには

 

現在よりも合点がいく職責とか厚待遇を手に入れることを目指して、別の病院への転職というのを“職業人とし
ての誇らしい成長”としてとらえている前向きな看護師の方だってかなりの割合に上ることでしょう。
全職種の平均年収と看護師さんの平均年収の変遷をグラフ化されたものを見ると、全職種の平均年収の右肩下が
りは止まらない状況でありながら、看護師の方々の平均年収につきましては、あまり下がっていないのです。
当然ですが看護師の皆様は看護に関するスペシャリストだけど、転職活動の専門家というわけではありません。
反対に看護師転職サイトで働いているキャリアコンサルタントは、看護という仕事のプロとは違いますが、転職
活動支援の専門家なのです。
2013年の看護師の年収の平均金額は、472万円とされています。女性の職業全体だと年収の平均金額とい
うのは、200万円以上300万円未満という結果なので、看護師がもらっている給料は、極端に高いレベルに
達していることになります。
喧嘩別れせずに退職するのに必要な退職交渉に伴う助言をしたり、ご要望とあらば、雇い入れ日の調整なども、
看護師転職サイトでユーザー登録をしていれば任せることができるのです。

現実看護師が転職することにした際に有用なのが看護師専門の転職サイトです。驚くことに30%以上の皆さん
が、この転職サイト経由で条件に合う勤務先への転職したと報告されています。
転職に踏み切るからには、是が非でも好条件の勤務先に勤めたいはずです。何はともあれ、今まで雇われていた
職場とくらべてみて雇用の条件や環境が向上しないと、これまでの職場を離れて転職した甲斐がありません。
気になる病院の実態について、出来るだけ早く確かめておきたいのなら、看護師向けの転職企業への申し込みを
して、十分な経験を持つアドバイザーが把握している内容を尋ねるべきなのです。
学歴の違いと転職した回数がどう影響し合っているのかは、はっきりとは申し上げられませんが、看護師という
職業で就労し始めたとき何歳であったのかが、転職した数に関係があると思われます。
最寄りの公共職業安定所、さらに転職サイトを使用するのが最もいいやり方です。だけど、全ては利用できない
看護師さんの場合は、一方に絞って就職に向けて利用するようにして下さい。

もしあなたが常用で働いていて、夜勤のある条件だというのに年収400万円未満ということなら、迷うことな
く転職すべきでしょうね。もし仮に准看護師ということでも、看護師の給料の8割前後が通例です。
集合型求人サイトにつきましては、全国の転職支援を行っている企業で取り扱っている求人情報が掲載されてい
ますから、その求人の件数そのものが非常に多いのです。
看護師につきものの悩み相談や公にされない非公開求人情報の提供、転職活動における必勝法、面接クリアのた
めのテクニックやトラブルのない退職手法など、一連のプロセスを最初から最後までサポートいたします。
面接の申込がとんでもない数になってしまう事態を避けようとして公開を控えているケースですとか、サイトへ
の登録ができているユーザー限定で質の高い求人を紹介するために、求人サイト側の判断によって一般の方には
非公開にしているケースも少なくないのです。
どうしても応募しなくちゃダメというのは間違いです。だから極力効果的にゲットするということを一番に考え
ると、看護師転職サイトで支援してもらわないのはバカみたいな話です。